腱鞘炎

手首の痛み

  • 子どもを抱き上げると手首が痛む
  • 指が曲がったまま戻らない
  • 親指を握ると激痛が走る
  • スマホやパソコンのキーボードを使っていると、手首が痛む
  • 最近、指がカクカク引っかかる感じがする

腱鞘炎ってなに?

腱鞘炎とは、筋肉と骨をつなぐ腱の周囲を周囲を包んでいる腱鞘という組織で炎症が起こり、痛みや腫れなどの症状が起こったものです。

腱鞘炎の種類にはには、親指の使いすぎで起こる『ドケルバン病(狭窄性腱鞘炎)』

親指だけではない『ばね指(弾発指)』があります。

 

ドケルバン病(狭窄性腱鞘炎)

ドケルバン病とは、主に親指の使い過ぎで起こる腱鞘炎の一種で、親指を伸ばしたり、広げたりすることで腱と腱鞘がこすれて炎症が起こった状態です。

手首の親指側に痛みや腫れ、発熱などの症状が現れます。

ドケルバン病の原因は?

  • 小さなお子様を抱っこするなど、手首に負担がかかりやすい子育て中の方
  • ホルモンバランスが崩れやすくなる出産前後の女性や更年期の女性
  • 糖尿病がある方
  • スポーツや仕事などで手や指をよく使う方

などに多く見られるのが特徴です。

最近ではスマートフォンの使いすぎで発症する方も増えてきています。

 

ばね指(弾発指)

ばね指とは、親指や中指の曲げ伸ばしをする際に、引っ掛かりがありスムーズに動かせない「ばね現象」や痛みが出る疾患です。

ばね指の原因は?

  • 更年期や、妊娠・出産後のホルモンバランスが崩れやすい時期の女性
  • スポーツで手をよく使う方
  • 家事などで手を使う機会が多い方
  • パソコンのキーボードやマウスの操作が多い方

など、指の使いすぎやホルモンバランスの変化、また関節リウマチや糖尿病、人工透析を受けている方にもばね指が発症しやすくなります。

 

 

腱鞘炎を放っておくとどうなるの?

最初は軽い痛みでも、普段の生活で手を使わず過ごすことは難しいため、だんだん痛みが強くなっていきます。

そのまま放置していると、痛みだけではなく親指が動かしにくくなるなど日常生活にも支障が大きくなるため、適切な施術を受けることが大切です。

 

ばんび整骨院の腱鞘炎への施術

ばんび整骨院では最初にしっかりと検査、カウンセリングを行い、不調の原因を探します。

患部の痛みや炎症に対しては、指を動かす筋肉に対して手技療法を行い、腱や腱鞘に対してはハイボルテージで炎症を鎮めます。

また、使い過ぎを防ぐために、テーピングなどで固定を行います。

猫背などの不良姿勢によって、肩甲骨から腕、手首に負担がかかっている場合には、根本からアプローチするために「骨盤矯正」を行う場合や、体幹の筋力が弱く姿勢が悪くなっている方には「エイトレインナーマッスルトレーニング」を行い身体全体を整えます。

ばんび整骨院では一人でも多く身体の不調がある方の力になり、笑顔溢れる身体作りのサポートを全力で行います!

腱鞘炎の状態がひどくなる前に、福山市ばんび整骨院にご相談ください。