もしも交通事故にあったら

  • 交通事故にあったけど、まず何をすればいいのかわからない
  • 誰に相談すればいいのかわからない
  • 書類や保険会社とのやりとりが大変そう
  • 保険手続きのやり方がわからない
  • 交通事故の治療費ってどのくらいかかるの?

もしも交通事故に遭ってしまったら・・・。

急な事故では誰でも気が動転してしまい、どうやって対処したらいいのかわからなくなって不安になってしまいますよね?

加害者側や被害者側でもやるべきことがたくさんありますので、まずは気持ちを落ち着けて、冷静に対処しましょう。

交通事故にあった場合に気をつけるポイント

まずは警察に連絡して、事故現場の記録をとりましょう!

もしも、その現場でけが人がいる場合は人命救助が第一です。

救急車を呼んで、必要であれば応急救護も行います。車両を動かせるのであれば、安全な場所に移動します。

どんな小さな交通事故でも、後々、トラブルにもなりかねませんので、加害者、被害者、どちらの場合でも必ず警察に連絡しましょう。決して当事者同士で判断し、その場で解決しないようにしてください。

警察に事故証明を発行してもらわないと、保険の手続きができない可能性もありますので必ず警察に届け出をしましょう。

警察への連絡を済ませたら、事故の状況を記録に残しておきましょう。

  • 携帯やスマートフォン、ドライブレコーダーなどの画像や映像を保存
  • 相手側の氏名、電話番号、車両番号などをメモに残しておく
  • 相手側の保険会社も可能であれば聞いておく
  • 記憶が鮮明なうちに、事故状況を詳しく書き留める

その場で事故を目撃している方がいた場合は、その方の氏名、連絡先を聞いておけると、今後万が一、相手側とトラブルになった場合、警察や保険会社の方に第三者としての意見や証言が信用されるケースもありますので、とても有効です。

あなたが加入している保険会社に連絡しましょう!

交通事故に遭っただけでも大変なのですが、その場でやらなければいけないことがたくさんありますので、保険会社の連絡先がとっさに思い出せないことがあるかもしれません。

そんな時には保険証券を探してみてください。

保険証券には、コールセンターの電話番号が記載されていますので、ダッシュボードの中など車内に常時保管されていることが大切です。

保険会社に連絡し、事故の状況を詳しく伝え、これからどのように手続きをしたらいいのか、ご自身の契約されている保険の種類や補償内容を確認しましょう。

決して、当事者同士で解決しないようにしてください。

相手側が強引なことを言ってきたとしても、『保険に入っているので、保険会社と相談します。』とはっきりと断りましょう!

整形外科で検査後、整骨院で施術を開始

保険会社への連絡が済みましたら、できるだけ早く整形外科などの医療機関でレントゲンやCTなどの画像を撮って詳しく検査を行ってください。

事故に遭った直後は、身体も精神的にも興奮状態にあり身体の不調に気が付きにくいものですが、事故後数日してから、徐々に痛みが増してきたり、不調を感じるようになることもあります。

交通事故によるむち打ちなどの施術は、整形外科と整骨院を併院することで、より早く痛みや不調などにアプローチすることができるようになり、後遺症を残しにくく痛みを繰り返さない身体へと導くことができるのです。

丁寧なカウンセリングと適切な施術

交通事故という突発的な出来事で身体だけではなく、精神的にもダメージを受けています。

『このまま元気な身体に戻れるのだろうか?』

『この痛みがずっと続いてしまうのか?』などの不安があると思います。

そのようなお気持ちに寄り添い、しっかりとカウンセリングを行います。

お一人お一人の事故の状況や身体の状態も違いますので、適切に判断し、最適な施術プランを提案いたします。

『通院するのがおっくう・・・』『そのうち良くなるかな?』と放っておかないで、交通事故でのお悩みはばんび整骨院にご相談ください!

ケガの施術から、保険のことまで、しっかりとサポート致します。